【被災地支援】「災害ボランティア派遣隊」へのご苦労様メール・メッセージ⑤

《10月3日現在のまとめ》

◆愛知県老施協 災害ボランティアの皆様へ

 5日間の活動お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
皆様の活動、愛知県に居ながらにして心熱くしておりました。
本当に尊い皆様の活動に感謝です。これからも被災地は復興
に向けてまだまだ大変な苦労があるかと思いますが、今後も
私達にできることを考え、応援していきましょう。

 皆様方におかれましては今回の活動を是非私どもに広めて
いただき、今後の糧にできるようにしていただけたらと思います。
5日間本当にお疲れ様でした。まずはお身体をいたわり、ごゆっくりお休みください。

ありがとうございました。
社会福祉法人一期一会福祉会


◆災害ボランティア派遣隊の皆様

 5日間ご苦労様でした。
現実を目の当たりにして更に衝撃を受けられたのではないかと思われます。
そんな中でのボランティア活動は、大変であったと思います。
でもこの事実が皆様にとって貴重なものであり
ご自身の財産になると思います。
本当にお疲れ様でした。
代表として行っていただいたことに感謝申し上げます。
特別養護老人ホームやまゆり荘 三城


◆ボランティア第2班の方々、お疲れ様でした。
 三日目(9/28)までの報告をブログで読ませていただき、皆さんのすばらしい活動にあらためて感動いたしました。
第1班の経験を生かして、より有意義な活動をなさったのだと思います。
「ヤングアメリカン」は1か月も活動を続けているのですね。「まだまだ世界、そして人間は捨てたもんじゃない!!」という言葉に同感です。
「絶対に復興しなければいけないんだ」という感想にも大大大同感です。
現地の方の「今度、愛知で地震があったら私たちが助けに行くからね」という言葉には、私も涙ぐみました。

 被災地で一袋の土嚢を作ること、一すくいの瓦礫をかたづけること、それがどれだけ貴重なことか。
被災した土地を自分の目で見つめること、それがどれだけ意味のあることか。
被災した方々の生の言葉を聞くこと、それがどれだけ胸に染み入ることか。
このブログを読ませていただいてしみじみと感じました。
TVのニュースで見るよりも、自分と関わりのかる方々の具体的な報告を読ませていただく方が、100倍も伝わるものがあります。
報告していただいて本当にありがとうございます。

 介護や福祉を仕事となさっている方々は、体の芯に奉仕の精神が宿っているのだなあと思いました。
私は愛知県老施協の事務員なので直接介護の仕事に関わってはいませんが、皆さんのお心根を見習ってこれからも一生懸命お仕事をさせていただこうと思いました。
/愛知県老施協事務局

【被災地支援】「災害ボランティア派遣隊」へのご苦労様メール・メッセージ④

《9月30日現在のまとめ》

◆第2班の皆さんへ
〜昨日とは違う新しい未来に向けて!〜
 「東日本大震災」は、未曾有のもので、数百年に一度有るか無いかの出来事で、想定外だった!と、言う言葉をよく耳にします。
 数百年に一度…と、言われるとそんな星の巡りに、めぐり合ってしまったのか!と、思うとともに、想定は人間が勝手に決めたことであり、自然には到底及ばないことをまざまざと知らされた思いでありました。
 きっと、被災地の人々は「この震災さえ起きなければ…」と、そう思っているに違いないと思います。しかし、「東日本大震災」は、起きてしまったのです。
 その事実と向き合って生きていこうとしている人々に、寄り添い、小さな力を貸すことのできた災害ボランティアの皆さんに私は感謝の思いでいっぱいです。
 皆さんの、いま、できることから取り組むその勇気こそが“思いやり”です。
 皆さんからのたくさんの“思いやり”をありがとう!
 お疲れ様でした。
/愛知県老施協 会長 太田二郎


◆第2班の皆さま、5日間の支援活動、本当にお疲れさまでした。
ピカピカの金魚になって帰県される事でしょう。
どうぞゆっくりお休みください。本当にありがとうございました。
社会福祉法人おかざき福祉会 かわいの里 鈴木


◆一週間の活動本当にご苦労様でした。
 そして皆さんのことが本 当にうらやましい。一生のうちでも幾度もない貴重な経験を皆さんは手に入れた事 と思います。
 ぜひ胸を張って戻ってきてください。
/むらさき野苑 平野 勝志


◆皆さんご無事に帰宅されますように。
お疲れさまでした。
/愛知県老施協事務局

【被災地支援】第2班活動報告/9月25日(日)〜28日(水)

【被災地支援ボランティア 第2班の活動報告】

◆<9月25日(日)>
◇「いよいよか…」の気持ち高ぶる中、20時頃より参加のメンバーが名古屋駅太閤口に集まり始めました。
太田会長や特養かわいの里鈴木久美施設長も見送りに来られました。
本当に感謝です。

◇時間となり、朴施設長の説明、そしてこの班のリーダー渡辺施設長からのお話しと続き、いよいよ参加者はバスへ


※やや緊張している参加者…と思いきや、結構みんなフランクな感じでした。
うーん、何とも心強い!

◇なかなか寝付けないものの、バスは被災地に向け走ります。
途中、バス内で映画「紅の豚」を上映しました。 

◆<9月26日(月)>
◇午前6時10分、福島県宮城県の県境「国見」SAに到着
ここで、参加者全員朝食となりました。
カレーやカツどん、ラーメンなど決して朝食向きとは言えないメニューでしたが、みんな食べていましたよー!
かつ丼とラーメンのセット」!! “えっ、セット!?”

◇午前9時、仙台楽生苑に到着
佐々木施設長より、この度の震災の被災状況やボランティアの活動についてお話しがありました。
「お忙しい中、本当にありがとうございました」


※やや長時間バスに乗っていたため疲れてはいましたが、みんな佐々木施設長の言葉に真剣に耳を傾けていました


※これは、参加者の中で地域の方のメッセージを色紙100枚にまとめたものをプレゼントした一部です。

◇午後0時10分、道の駅「津山」に到着
ここで昼食となりました。 し、しかし 唯一の食堂が混雑していて、とてもじゃないですが、参加者全員が食べるのは困難!
ほとんどの人が、カップラーメンやパックの焼きそばを頬張るのでした。

◇午後1時20分、南三陸町のボランティアセンターに到着
朴施設長より、具体的な活動についての説明がある。


※真剣に説明をする朴施設長です。1班での苦労もしっかりと語られ、参加者も緊張のおももちで説明を聞きました。

◇その後、トイレなどを済ませ、明日への決意を固めバスに乗車。そしてホテルへ。
途中の風景も、いまだ手も付けられずにいる建物などをたくさん見ました。視覚として復興を感じるのはまだ随分先のような気がしました。


※このような建物は海沿いにはたくさんありました。本当につらい現実を目の当たりにして参加者も絶句でした

◇午後3時45分、ホテル望洋に到着
参加者みんな疲れはあったものの、5時より始まるミーティングまで自由時間を有意義に使っていました。
近隣の散策を早速された方もいたようで…。


※この写真はホテル近くの家にかけてあった時計です。時間は、あの震災があった時間…。
いまだ忘れることのない、時は止まったままなのでしょうか。
本当に無念さで心打つ瞬間となりました。

◇午後5時、ホテルにてミーティング
渡辺リーダー、朴施設長より注意事項などの話がある。このミーティングにて手袋やマスクの配布もある。
又、ここで、活動を円滑に行うための班決めがされました。
参加者30名を7名2班と8名2班の計4班となりました。
ミーティング中にそれぞれの班が、明日のTシャツの色を争っていました(笑)。
これ以降、毎日班ごとでTシャツの色を統一することが決定!毎回点呼をとる班長にとっては素晴らしい企画でした。

◇午後6時、夕食
少々冷めてはいましたが、大変おいしくいただきました。


※「美味しかったです!」参加者みんなの笑顔と決意が、調味料替わりとなり、さらにおいしくなったのかもしれません。

◇午後10時頃?、就寝。


◆<9月27日(火)>
◇午前6時45分、朝食。

◇午前7時10分、バス乗車し出発。
バスの中では、いよいよ活動を始めることに対し、良い意味で胸を膨らませる状態でした。
「私たちにできることは何なのか」、「少しでも力になりたい」…etc。
強い思いを感じるバスの中での1時間でした。

◇午前8時30分、南三陸町ボランティアセンターに到着。
参加者全員が「ビブス」を着用し、今日の作業先の「津の宮」行を確認。
実は、この時サプライズの予感を感じるメンバーが…、
そしてバスは一路「津の宮」へ。

◇午前9時45分、「津の宮」に到着


※「津の宮」の現場です。海は穏やかで、とても津波が来たとは思えないほど心地の良さを感じました。

◇今日の作業内容を確認。 この日は、参加者みんなで「土嚢つくり」の指示がありました。
これは「海苔」の養殖をする際重要となるアンカーだそうです。
これが結構重たくて、1袋役70キロ!!
テクニックじゃなくて、これは力自慢か、と思いきや案外詰め方には技術も必要でしたよ!
女性の方のほうが結構活躍していたような…。


※この方はボランティア指導者の方です。結構かっこいい方でした。
目の前にあるのが「土嚢袋(採石入り)」です。

朴施設長より、「2リットルは必ず飲むよ」と言われていましたが、なるほど水分補給の量としては適切でした。まさに、その位の仕事量でした。

◇疲れの見え始めた午後2時ころ、一緒に活動をしていた別のボランティア団体が被災地の方に歌を歌いたいということで全員集合。 
そこで、サプライズが!
彼らのチームは☆ヤングアメリカン☆  アメリカから来日。1か月ほど滞在しているとのことでした。そして、世界各国に歌やダンスを届ける活動をしているとのこと。
被災地の漁師の方と私たち支援メンバーは彼らを取り囲みながら、その素晴らしいパフォーマンスに耳を傾けました。
世界に一つだけの花」、「見上げてごらん夜の星を」を何とも言えない素晴らしい歌声で魅了し、漁師の方だけではなく、私たちもジーンをしたことを今も忘れられません。
そして、漁師より「アンコール!、アンコール!…」 の大合唱がおき、彼らが最後の曲として、「WINDING ROAD」をさらに熱唱。
ブログ著者として、「まだまだ世界、そして人間は捨てたもんじゃない!!」と痛感。
この震災は世界の心をも揺るがす大変な出来事だったと、そして絶対に復興しなければいけないんだと…。


※彼らの歌声、彼らの笑顔、そして彼らの思いはきっと被災地の皆さんに届いたはずです。 本当に至福の時をありがとう

◇午後16時20分、南三陸町ボランティアセンターを出発、ホテルへ
疲れのある中、感動を得た私たちは心地よい雰囲気でバスに乗車。
そしてもう一つのサプライズが…。
『♪あれから40年!〜』と大きな声で綾小路きみまろさんのライブがバス内で上映!なのでした。


◆<9月28日(水)>
◇午前7時10分、バスに乗車し出発
いよいよ活動二日目となりましたが、まだ参加者にはさほどの疲れも見えず、明るい雰囲気で現地へ向かいました。途中のコンビニでも、要領を得ていたため、飲み物の買い方も上手になっていました。

◇午前8時30分、南三陸町ボランティアセンターに到着
この日の作業場の連絡があり、「波伝谷(はでんや)」と決定。
再びバスに乗車し、現地へと向かいました。

◇午前9時30分、「波伝谷(はでんや)」に到着
この日は、作業内容を3つにわけるよう指示がありました。
(1)土嚢つくり  (2)うきの選別  (3)テントを張る
土嚢は昨日よりかなり小さいものだったため、やや負担減となりましたが、うきの選別やテント張りの担当者は結構大変だったんじゃないでしょうか。

◇この作業中、サポートに来て下さった漁師の方より、震災の時の生々しい話しを聞くことが出来ました。
家族との別れ、生まれ育った町の崩壊、そしてその後の生活の苦悩…。
私たちでは理解できないような、想像を絶する話しにただただ聞き入ることしかできませんでした。
それでも、明るく振舞ってくれる漁師の皆さん、勇気をもってお話しいただき本当にありがとうございました。

◇午後16時20分、南三陸町ボランティアセンターを出発、ホテルへ
三日目ということもあり、やや参加者にも疲れが見え始めていたような…。
それでも、途中のコンビニでは元気にアイスクリームを食べる参加者の姿も。


【三日目までを終えて】
私たちは本当に価値ある体験をしています。
「百聞は一見にしかず」この言葉をこれほど強く感じたことはなかったかもしれません。
現地の人の苦悩は想像を絶するはずなのに、常に明るく迎えてくれることに感激すら覚えます。「今度、愛知で地震があったら私たちが助けに行くからね」、この言葉にブログ著者は恥ずかしながら涙を流しました。
忘れてはいけない、そして伝えていかなければいけない。強く思います。

残り2日間の活動もきっと素晴らしい体験となるでしょう。強くたくましくなっていく参加者を見守っていきたいと思います。

《報告者:特別養護老人ホーム安立荘 荘長 制野 司》


◆今回の報告は、ここまで…。
 被災地ボランティアの活動場所は、現地のニーズ、活動の進捗状況、参加ボランティアの人数などにより日々変化しています。第2班の活動場所が、第1班と違うのはそのためなのです。しかし、それは他の参加ボランティアさんとの交流となり、地域の方々との貴重な出会いへと導いてくれたのですね。
 9月29日(木)以降の報告は、後日とさせていただきます。

【被災地支援】「災害ボランティア派遣隊」へのご苦労様メール・メッセージ ③

《9月26日現在まとめ》
◆第2班の皆さま
ホテル望洋の宴会場と、食事はいかがですか〜!? メグ(ホテルの飼い犬)はしっぽを振ってますか?南三陸ボラセンのみなさんは元気ですか?
震災の片づけと愛知県老施協の職員同士の絆は、必ず今後の現場での介護に役立ちますよ。現場の仕事とは違うと思ってはいけません。
笑顔で利用者に接する=笑顔で被災者に接する。
長年苦労を重ねたお年寄りと接する=一瞬で生活家族を失った被災者の方と接する
などすべて老人ホームに働く、職員として必要なスキルばっかりです!4日間すばらしい経験を積み重ねて下さい。また、応援メールします。29名の活動の無事をお祈りいたします!
特別養護老人ホーム 輪中の郷 大石章人・伊藤公一

※第1班の参加者からのメッセージでした。参加した者だからこそ伝えたい思いがよくわかりますよ! 第1班参加者からのメッセージ待ってます!!

【被災地支援】第2班活動報告について

◆第2班は、第1班とは参加メンバーが違い、活動報告も違うものとなります。今後の報告は、まとめてとなりますのでよろしくお願いいたします。応援メッセージをお待ちしています。

【被災地支援】「災害ボランティア派遣隊」へのご苦労様メール・メッセージ ②

《9月22日現在まとめ》
◆事務局の職員の内田さんに勧められて震災ボランティアのブログを見ました。現地のまだまだ厳しい状況とそれに負けず黙々と働くボランティアの皆さんの気持ちが伝わってきました。本当に頭の下がる思いです。何もできずにいる私は、せめて現地に行かれた方たちの記録をきちんと見ること、読むことだと思ってます。第2班ももうじきですね。どうか気をつけて。
/佐藤宜子 様

◆ブログを事務局の事務員さんが教えてくださり、災害ボランティアの様子、拝見しました。被災地ではどれくらい復興が進んでいるのか、人々の暮らしはどんななのか、気にはなるのですが、現地へボランティアへとなると中々実行できません。そんなときブログで様子を知ることができました。テレビでも被災地の映像が流れていますが、遠いところの話のように感じてしまいます。けれどこちらのブログは、とても近い感じがしました。ボランティアに行かれたかたがたには、本当に頭が下がります。ボランティアに行くことはできなくても私も、風評に惑わされず東北のものを積極的に買うとか、小さなことでも自分にできることをやっていこうと改めて思いました。
/井上みやこ 様

※メッセージありがとうございました。続きまして…さあ始まりますよ!“第2班活動(9月25日(日)夜出発〜10月1日(土)朝到着)”への応援!よろしくお願いいたします!!

【被災地支援】「災害ボランティア派遣隊」へのご苦労様メール・メッセージ ①

《9月20日現在のまとめ》
◆災害ボランティア派遣隊の皆さん お疲れ様でした!!皆さんの活躍をホームページで拝見しました。本当にお疲れ様でした。 
/あいふるの里 施設長 長野 秀人 様

◆災害ボランティア派遣隊の皆様へ
「かなしみは」
かなしみは わたしを強くする根
かなしみは わたしを支えている幹
かなしみは わたしを美しくする花
かなしみは いつも湛(たた)えていなくてはならない
かなしみは いつも噛みしめていなくてはならない     坂村 真民

かなしみと向き合える皆様を、同じ愛知の福祉に携わる1人として誇りに思います。お体大切に!
/岩倉一期一会荘 荘長 鈴木信義 様

◆第1班の皆さんへ
悲しみ 怒り 称賛 祈り を… 日々、被災地から送られてくる波多野班長からの現地レポートを「悲しみ」「怒り」「称賛」「祈り」の思いで拝読しておりました。被災された人々の“悲しみ”一向に進まない復興に政府への“怒り”そして、愛知県老施協派遣隊の努力に“称賛”し、ただただ一日も早い復興を“祈り”ました。東日本大震災は、これまで私たちが当然としてきた社会基盤を壊し、日本人のすべてに対する価値観の転換を迫られたように思います。また、我々が常に、人智を越えた不確定性にさらされていることも思い知らされました。そうした状況から救い出せるのは仲間の力しかないことも学びました。まとまる気運が高まる今、私たちもまとまることの大切さを学びました。派遣隊の皆さんが、誰一人怪我もなく無事、帰県できることが嬉しく思います。 何より、無事帰って来れることがプレゼントです。お疲れ様でした。
/愛知県老施協 会長 太田二郎 様

◆愛知県老施協 災害ボランティアの皆様へ
5日間の活動お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。皆様の活動、活躍のご様子は愛知県老施協のブログでも拝見させていただき、愛知県に居ながらにして心熱くしておりました。本当に尊い皆様の活動に感謝です。これからも被災地は復興に向けてまだまだ大変な苦労があるかと思いますが、今後も私達にできることを考え、応援していきましょう。皆様方におかれましては今回の活動を是非私どもに広めていただき、今後の糧にできるようにしていただけたらと思います。5日間本当にお疲れ様でした。まずはお身体をいたわり、ごゆっくりお休みください。ありがとうございました。
社会福祉法人一期一会福祉会 職員一同 様

◆みなさんのご活躍を毎日ブログで見ていました。みなさん本当にお疲れさまでした。疲れにも色々感じかたがありますが、みなさんは大事な活動をやり遂げたのですから、おそらくは心地よい疲れに満たされていることでしょう。実に羨ましい。この一週間、日常の何倍も長く感じられたかと思います。しかしこれからのみなさんにとって、かけがえのない一週間になることでしょう。この貴重な経験がみなさんの糧となりますように。本当にお疲れさまでした。
/一緒に行きたかったむらさき野苑の平野 様

◆被災地支援事業の災害ボランティア派遣に参加された第1班の皆様、本当に本当にお疲れさまでした。毎日更新されるブログや写真を拝見し、TV報道以上に、まだまだ復興が進んでいない事を目の当たりにしました。皆さんの活動は、想像以上に辛く大変な作業の繰り返しだったと思います。しかしながら、ブログの中の皆さんのお姿は、被災地の方々の大きな、おおきな力になった事は、手を振り声をかけて下さった方たちや敬礼をして下さった警察官の方からも伝わってきました。まだまだ沢山の力が必要なのだと・・・出来ることを出来る様に支援を続けていきたいと思います。ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。
/愛知県老施協事務局事務員一同 様

◆5日間お疲れ様でした。お土産話を楽しみにしています。帰りの道のり、気を付けてくださいね。きっと一生の宝物になりましたね。
社会福祉法人 椎の木福祉会 特別養護老人ホーム 第二瑞光の里 施設長  中野 継耶子 様

東日本大震災災害支援事業 災害ボランティア派遣隊第1班
お疲れさまでした。被災地でのボランティア活動、本当にお疲れさまでした。施設を代表して被災した土地へ飛び込み被災者の方々の生活を手助けし、1日も早い復旧、復興に協力、尽力されたことに心からねぎらいの言葉を伝えます。同じ日本人として心強くその意志を貫き通して活動した成果が現地の方々の心の支えにもなり一丸となって生き抜いていくという強い絆がより強く結ばれたと考えます。
社会福祉法人 薫風会 特別養護老人ホーム  第二大和の里 様

◆災害ボランティア派遣隊・第1班の皆様
5日間の支援活動、本当にお疲れ様でございました。被災地の被害状況を目のあたりにした時は、さぞ胸が痛まれた事と思います。今回の支援活動に参加できなかった事を、心から深くお詫び申し上げるとともに、皆様のご活躍とご無事の支援活動に、心から敬愛の念を抱き、今後の皆様方のご健勝をお祈りいたします。第2班の皆様がたも、どうか事故等には十分お気を付け下さり、支援活動が無事に終えられる事を願っております。本当に本当に、お疲れさまでした。
一宮市萩の里特別養護老人ホーム 中島 誠 様

◇たくさんのメッセージありがとうございました。
※メッセージは、まだまだ受け付けております。私たちは、褒められて伸びるタイプなんです。よろしくお願いします。